フォーメーション 意味


フォーメーション 意味

サッカー基礎講座では、サッカーのプレーやサッカーの練習をはじめとし、よく耳にするサッカー用語や練習方法、球の蹴り方や各ポジションの役割、戦術に関することなどサッカー初心者の方でも解かりやすく簡潔に説明しています。「これってどういう意味…?」などと思った方、サッカーをよく知らない人でも、分かったような気になるサイトです(笑)。サッカーのことでわからないことがありましたら是非、当サイトにおきまして、サッカーに関する知識を得ていただければと思います。まずサッカー(SOCCER)とは1チームが11人以下で2チームが敵味方に分かれ、一つのボールを手や腕以外の身体の部分(主に足)を使って奪い合い、移動させ、相手のゴールにボールを入れる球技です。手や腕でボールに触れた場合は反則となる。また、どちらかのチームが7人未満の場合、試合は開始されない。試合途中であっても強制的に終了となる。基本的には、得点を競う合うゲームで自陣ゴールを守りつつ、相手ゴールにボールを入れると得点が1加算される。試合は制限時間の満了によって終了し、時間内により多くの得点の数が多いチームが勝ちとなる。各チームには1人だけ、ゴールを守るゴールキーパーと言う特別な役割を持つプレーヤーを一人だけ配置することが定められている。ゴールキーパーだけが、自ゴール前の一定の領域(ペナルティエリア)内に限り、手を含む全身でボールを扱うことが許される。


フォーメーション 意味

スポンサードリンク










サッカー用語集

  ア行


  カ行


  サ行


  タ行


  ナ行


  ハ行


  マ行


  ヤ行


  ラ行


  ワ行


  おまけ
サッカー日記


スポンサードリンク






フォーメーション

種類
戦術
解説
歴史
目的


練習方法

サッカーとは?
サッカーのルール
フィールドの説明
ボールに触れる
ボールの蹴り方
ドリブル
パス
トラップ・ストップ
シュート
ヘディング
スローイン
タックル・チャージ
リフティング
ゴールキーパ


相互リンクについて

LINK






サッカー基礎講座フォーメーションの目的






そもそも、なぜフォーメーションという概念が誕生したのか。

サッカーが生まれた初期のころはフォーメーションという概念は無く、

全員がただボールに群がるような展開だった。

しかしそこに、パスという発想が生まれます。

人間が走るよりもボールの方が速く動くわけですから、

人と人の間にある程度の距離を取って、その間にパスを通して

ゴールを目指す方が効率的であり、相手ゴールの近い位置に

味方を待機させ、ボールを奪ったらそこにパスを出すという

戦術が考案されます。


これによりサッカー界初のフォーメーション1−2−7が

生まれたとされています。

1−2−7フォーメーションを用いることで、最前線にロングボールを

蹴り込むこ戦術が機能していたわけです。

ただ、フォーメーションと呼べるほど洗練されたものではなかった。

当時と今ではルールが違いますが現在で言うパワープレーと

同じ様なものでしょうか・・・


その後も様々なルールの改正・確立により、ピッチ上に選手を

どのように分散し、どこに配置すればより効率的かという点が

重要視され試行錯誤の末にフォーメーションの

必要性が認識されていきました。


あたりまえですが試合中、選手達は動きますので、フォーメーションは

刻々と変化していきます。

ですが、基盤となる形を明確にしておかないと、中でプレーする

選手達に混乱を招いてしてしまうので、フォーメーションという概念が

必要となるわけです。

指アイコン 赤ふち フォーメーション 種類
指アイコン 赤ふち フォーメーション 戦術
指アイコン 赤ふち フォーメーション 解説
指アイコン 赤ふち フォーメーション 歴史
指アイコン 赤ふち フォーメーション 目的



Copyright (C) サッカー基礎講座 All Rights Reserved