サッカー トラップ


サッカー トラップ

サッカー基礎講座では、サッカーのプレーやサッカーの練習をはじめとし、よく耳にするサッカー用語や練習方法、球の蹴り方や各ポジションの役割、戦術に関することなどサッカー初心者の方でも解かりやすく簡潔に説明しています。「これってどういう意味…?」などと思った方、サッカーをよく知らない人でも、分かったような気になるサイトです(笑)。サッカーのことでわからないことがありましたら是非、当サイトにおきまして、サッカーに関する知識を得ていただければと思います。まずサッカー(SOCCER)とは1チームが11人以下で2チームが敵味方に分かれ、一つのボールを手や腕以外の身体の部分(主に足)を使って奪い合い、移動させ、相手のゴールにボールを入れる球技です。手や腕でボールに触れた場合は反則となる。また、どちらかのチームが7人未満の場合、試合は開始されない。試合途中であっても強制的に終了となる。基本的には、得点を競う合うゲームで自陣ゴールを守りつつ、相手ゴールにボールを入れると得点が1加算される。試合は制限時間の満了によって終了し、時間内により多くの得点の数が多いチームが勝ちとなる。各チームには1人だけ、ゴールを守るゴールキーパーと言う特別な役割を持つプレーヤーを一人だけ配置することが定められている。ゴールキーパーだけが、自ゴール前の一定の領域(ペナルティエリア)内に限り、手を含む全身でボールを扱うことが許される。


サッカー トラップ

スポンサードリンク










サッカー用語集

  ア行


  カ行


  サ行


  タ行


  ナ行


  ハ行


  マ行


  ヤ行


  ラ行


  ワ行


  おまけ
サッカー日記


スポンサードリンク






フォーメーション

種類
戦術
解説
歴史
目的


練習方法

サッカーとは?
サッカーのルール
フィールドの説明
ボールに触れる
ボールの蹴り方
ドリブル
パス
トラップ・ストップ
シュート
ヘディング
スローイン
タックル・チャージ
リフティング
ゴールキーパ


相互リンクについて

LINK






サッカー基礎講座トラップストップ







まずはボールをしっかりと止められるようにストップから

練習しましょう。

ボールを蹴るには、しっかりと止めることが基本です。


トラップストップの練習は1人よりも2で向かい合って行うのが

オススメですが、1人でも壁などを利用して練習できます。


@止まった状態でボールを受ける練習から始めましょう。

正面から来るグランダーのボールを足の裏と地面の間に

挟んで止める。

まずはこのストップからやってみるのがいいと思います。



A次に蹴るという動作を考えてボールをトラップをします。

足裏で体の近くに止めてしまうと、蹴るときに非常に

窮屈になってしまい、この状態からしっかり蹴ろうとすると、

足裏で止めてから、軸足を一歩移動させて、蹴らなくては

いけなくなってしまい、余分な動作が増えてしまいす。



ボールを何処に止めれば蹴る動作がしやすいかを考えて見ると

軸足を一歩移動させたときと同じ位置にボール置けば

蹴りやすくなります。


この蹴りやすい位置にボールを置くことは簡単なようで

非常に難しい技術であり、ボールタッチの間隔をカラダに

覚えさせることが大事です。

強い球や浮き球になると、ボールの処理はさらに

難しくなってきますので、足全体、胸、頭など手と腕以外を

使って自分の意図したところにボールをコントロールできるように

練習しましょう。



実戦になるとプレッシャーもあるので、いかに相手の裏をかいて

奪われない位置にボールを置けるかが重要になってきます。


フリーでトラップが出来るようになったら、ディフェンスを付けて

やると実戦に近い状態で練習できます。




パス
シュート




Copyright (C) サッカー基礎講座 All Rights Reserved