サッカー 戦術


サッカー 戦術

サッカー基礎講座では、サッカーのプレーやサッカーの練習をはじめとし、よく耳にするサッカー用語や練習方法、球の蹴り方や各ポジションの役割、戦術に関することなどサッカー初心者の方でも解かりやすく簡潔に説明しています。「これってどういう意味…?」などと思った方、サッカーをよく知らない人でも、分かったような気になるサイトです(笑)。サッカーのことでわからないことがありましたら是非、当サイトにおきまして、サッカーに関する知識を得ていただければと思います。まずサッカー(SOCCER)とは1チームが11人以下で2チームが敵味方に分かれ、一つのボールを手や腕以外の身体の部分(主に足)を使って奪い合い、移動させ、相手のゴールにボールを入れる球技です。手や腕でボールに触れた場合は反則となる。また、どちらかのチームが7人未満の場合、試合は開始されない。試合途中であっても強制的に終了となる。基本的には、得点を競う合うゲームで自陣ゴールを守りつつ、相手ゴールにボールを入れると得点が1加算される。試合は制限時間の満了によって終了し、時間内により多くの得点の数が多いチームが勝ちとなる。各チームには1人だけ、ゴールを守るゴールキーパーと言う特別な役割を持つプレーヤーを一人だけ配置することが定められている。ゴールキーパーだけが、自ゴール前の一定の領域(ペナルティエリア)内に限り、手を含む全身でボールを扱うことが許される。


サッカー 戦術

スポンサードリンク










サッカー用語集

  ア行


  カ行


  サ行


  タ行


  ナ行


  ハ行


  マ行


  ヤ行


  ラ行


  ワ行


  おまけ
サッカー日記


スポンサードリンク






フォーメーション

種類
戦術
解説
歴史
目的


練習方法

サッカーとは?
サッカーのルール
フィールドの説明
ボールに触れる
ボールの蹴り方
ドリブル
パス
トラップ・ストップ
シュート
ヘディング
スローイン
タックル・チャージ
リフティング
ゴールキーパ


相互リンクについて

LINK






サッカー基礎講座戦術






戦術を活かす上で最も有効な考え方は効率的に攻めて、

効率的に守る。

この攻守のバランスが重要になってきます。


試合の中で攻撃・守備に関わる人数は常に変動し、状況に応じて

誰が守り、誰が攻めるのか臨機応変に対応しなければなりません。


攻撃人数が増えれば守備の人数が減り、守備人数を増やせば

攻撃の人数が減る。


この様に常にバランスは変化し、攻守のどちらかに比重を置くと

一方が不利な状況になっています。


攻守のバランスを保つには常に局面での数的優位な状況を作ることが

理想的ですが、数的不利な状況を作らないことが最低条件。


この数的不利が生まれると、攻撃時は個の能力に頼りがちになり、

その能力が低いと攻撃は機能しません。

能力が非常に高いフォワードがいるのであれば話は別ですが・・・


また、守備時は大ピンチを招いてしまい、相手に決定的なチャンスを

与えてしまう恐れがあります。

結果、失点してしまう確率が高くなります。


ボールの出どころを一発で潰せればピンチは回避できますが、

これも個の能力に頼ることとなます。

守備に関して言えば、相手チームにパスを回せれてしまうと

いくら守備能力が優れていたとしても守備に限界が出てしまいます。


ですので、様々な局面を想定し攻守のバランスを考え、チームの

攻撃力・守備力が最大限に発揮できるようなゲームプランを組み立て、

その戦術を理解することが重要です。

指アイコン 赤ふち フォーメーション 種類
指アイコン 赤ふち フォーメーション 戦術
指アイコン 赤ふち フォーメーション 解説
指アイコン 赤ふち フォーメーション 歴史
指アイコン 赤ふち フォーメーション 目的



Copyright (C) サッカー基礎講座 All Rights Reserved